トライアンフ アドベンチャーモデル

スズキV-Strom1000ABSが発売されるなど、

各社のアドバンチャーモデルが今熱いですが、

トライアンフだって負けてませんっ!

まずは、TigerSport

 

2013 Triumph Tiger Sport

 

3気筒1050CCエンジンを搭載し最高出力は125PSを誇る。

タイガーシリーズの中ではオンロード向けとなり、特に気持ちいいのは中低速のエンジンフィーリング!4300回転で最大トルクを生み出すので、どんな状況からもアクセルだけで加速が気持ちよくできるオールランダーモデル!

 

メーカー希望小売価格 ¥1,449,000(込)

 

 

 

続いては、Tiger800

1-3

 

オフロードテイストたっぷりの車体に3気筒800CCエンジンを搭載!

レッドゾーンまで回せるミドルクラスで、回した時のエンジン音は

とても官能的!

ロングストローク化された800CCエンジンは高速道路の高速域でもストレスなく加速が可能です♪

他のライバル車と違い3気筒を採用したメリットは非常に大きく、流れに乗って走るような街中や、未舗装路をハードに攻める走りでも全くストレスを感じません♪

リンクはプロライダーが乗る動画ですが、Tiger800の性能の高さが充分に伝わってきます!

The Raiden Files – Portland to Dakar – A Riding Movie

メーカー希望小売価格 Tiger800 ¥1,279,000(込)

Tiger800XC ¥1,429,000(込)

 

そして最後はTiger Explorer

1-4

 

3気筒1215CCエンジン搭載!タイガーシリーズ最高峰の装備を有し

「旅」に徹底した走りが可能♪

ダラーッと走ってもラクだし、イザという時には、速い!

解除機能付きABSはもちろんの事、トラクションコントロールやクルーズコントロールも標準装備。スロットルを握る手を休ませながら長距離を移動するのが、こんなにも楽だったのか!と私自身たいへん驚いています♪

形こそオフロードツアラーですが、

スーパースポーツ的、と表現してもそうオーバーじゃないほどで、

狭いワインディングでもトラクションコントロールのおかげでアクセルを

グイグイ回しながら走る事が可能です♪

実はこのバイク、

ハンドルフルロックでのUターンが得意なんですョ!

 

メーカー希望小売価格 Tiger Explorer ¥2,056,000(込)

Tiger Explorer XC ¥2,179,000(込)

 

 

 


Comments are closed.