ロードホッパー試乗会のお知らせ!

main

ロードホッパー試乗会開催!

2015年 11月28日(土) 10:00~16:00

       11月29日(日) 10:00~15:00

試乗予定車

「TYPE2i」「TYPE2i ZERO FIGHTER」「TYPE5 SHOVEL」

01l32

ご試乗は予約制とさせていただきます。

          ご予約は048-854-6439まで!

 

■試乗はスタッフが先導し、一般公道を走行致します。試乗をご希望の方は運転免許証
(大型2輪免許)をお持ち頂き、安全面でバイクの試乗に相応しい装備と服装でお越し下さい。
(試乗は21才以上の方に限らせて頂きます)
■試乗ルールを守って頂けない場合、試乗に相応しくない装備の場合、スタッフの指示に従って
頂けない場合、は試乗をお断りする事もございますので予めご了承下さい。
■試乗車は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
■雨天時、試乗は中止させて頂きます。(展示のみ行います)

IronMan(アイアンマン)と

Junkyard Phantom(ジャンクヤードファントム)展示!

 

 

iron

2007年のヒーロー映画『アイアンマン』。ロバート・ダウニー・Jr.主演の実写映画として日本公開され大ヒット。 その実写版映画『アイアンマン』の2作品に、ZEROENGINEERINGにてカスタムを施したロードホッパーが登場! 主人公のトニー・スタークは巨大軍需企業の経営者。そのプライベートガレージには数々のスーパーカーやホットロッドカーとともに低く長いカスタム・モーターサイクルが佇む。それが何と、日本が世界に誇るリジッド・フレームのモーターサイクル『ロードホッパー』。主なカスタムは、外装(タンク・ショートリアフェンダー・シート等)、ジョッキーシフト、クラッチスーサイド、ドラムブレーキ、スプロケットブレーキなどで、実際に映画に登場している車両は、撮影現場にて特別カラーの外装に変更されている。

jank

ゼロエンジニアリング海外進出の足がかりとなった歴史的な一台。車両は2004年にディスカバリーチャンネルの番組のイベント用に木村信也氏率いるZEROENGINEERINGスタッフがアメリカラスベガスのプロとファクトリーで制作。エンジンは1941年製のナックルヘッドを蘇らせ、現地にあるさびた古いフォードの排気およびスクラップ部品の一部を使用しながらおよそ一ヶ月で作られた。車両全体の雰囲気と個々のパーツデザインとのバランスを重視した「ゼロスタイル」は、ニュースクール全盛のアメリカで、太いタイヤ、派手なグラフィック、ビレットパーツで固めたハイテクチョッパーとは一線を画したハンドメイドによる造形が高く評価された。また実際に走ることに拘り、実際に完成直後にはラスベガスからカルフォルニアまでの約700kmを走破してイベントに駆けつけた逸話がある。

展示期間:11月21日~29日予定

※期間は変更になる場合がございます


Comments are closed.