ゼロだけのオリジナルスーパーローダウン!

どうしてもスズキ「GSX250R」に乗りたい!というお客様のご要望にて

グッと足つきが良くなるGSX250Rスーパーローダウンを製作しました。

 

最近、リヤサスペンションの取付部がリンク式ではない車両が増えてきており

良くあるローダウンリンクへとパーツ交換をすることでシート高を下げられない

ものが多くなってきました。そのため本当は乗りたい車両があるんだけど足つきが

不安で諦めたという話を良く耳にします。

 

この度ご依頼頂いたGSX250Rも同様で、通常の手段ではシートのアンコ抜きを

するぐらいしかありません。しかし元々厚みの薄いシートという事もあり、抜くにも

限界がある・・・

 

 

そこでシート加工は座面と内腿が当たる角の切削を可能な限り行いつつ中にゲルシート

を埋め込み、座り心地を悪くしないよう考慮し製作。

DSC08556 DSC08558

 

 

また、問題のリヤサスペンションは純正を独自の加工にて

全長を自由長比較で315mm→289mmへとショート化。

スプリングセット長(プリロード)は3段→1段へ。

ガス圧も変更(詳しい加工データはお客様にお渡し致します)。

サスペンションは走行に関わる重要なパーツのためしっかりとセッティングしております。

また、フロントフォークの突出し量を4mm→14mmへと増やして前後バランスを取りました。

最後に停車時の車両の立ちが強いためサイドスタンドをショート化。

 

 

ザックリですがシート高比較で約50mmのローダウンに成功しました。

身長170cmのスタッフが跨ってみると

DSC08550

ローダウン前

 

DSC08554

ローダウン後

 

明らかに足つき性が向上しているのがご覧頂けると思います。

特に今回はGSX250Rにどうしても乗りたい!!という

熱い想いを受けての作業でしたので気合いを入れて製作しました。

 

同様のお悩みを持っている方がいらっしゃいましたらぜひご相談

下さい。車種問わず可能な限りお手伝いをさせて頂きます。

 

 

今回の記事はオーナー様のご了承を頂いて公開させて頂きました。

快く承諾して頂いたY様、ありがとうございました!

 

 

 


Comments are closed.