ニューモデル!カワサキ KLX230 / KLX230Rに 乗って来ました!

去る10月9日(水)、カワサキ正規販売店向けKLX230/KLX230Rの試乗会に行って来ましたので感想などをお伝えしたい思います。

場所はバイクハウスゼロオフロード体験走行会でも使用したことがある茨城県坂東市のいわいモトクロスコースにて行われました。

DSC_5226

当日の天候には恵まれましたが2日前までの雨のせいで路面状況が悪かったため、ある意味本当のオフロード走行性能が試される良い機会となりました。

 

 

まずはオフロードバイクで皆さん気になるであろう足つき性に関してです。

 

実は今回の試乗会に先だって新車のKLX230に跨る機会があったのですが、その時はサスペンションが硬く、跨いでもあまり車高が下がらないイメージがありました。

 

しかし今回の車両はすでに足回りの慣らしが終わっていたおかげでかなりスムーズにサスペンションが動き、新車に比べてかなり足つき性は良かったです。新車に跨る際に参考にして頂ければと思います。

 

DSC_5230

上記写真はシート高925mmのKLX230Rですが身長178cmのスタッフだと両足とも踵まで、身長168cmのスタッフだと両足ともつま先まで着きました。

 

公道走行可能なKLX230であればシート高が885mmと更に40mm低くなり、更に余裕で着くためオフロードバイクとしては決して足つきが悪い方では無いと感じました。

 

 

続いて実際に走行した際の感想です。

DSC_5229

まずはクローズドコース専用モデルのKLX230Rですが、さすがはコース専用モデルと呼ぶに相応しい性能でした。

 

KLX230との違いは歴然で少々ぬかるんだコースでも安心してアクセルが開けられ、ジャンプをしても着地時の衝撃は少ないため楽に周回できました。

 

また、車重が軽い事やスプロケットなどのセッティングも違う事で、KLX230だと1速に落として走る場面でも2速のまま走れるようなトルク重視の味付けがとても気持ち良かったです!

 

本格的なコンペモデルに比べ、程よい馬力で気軽に遊べる入門バイクとしては充分すぎる内容でした。個人的には簡単にエンジンが始動できるセルスターターやトランポへの積載時にとても楽になるサイドスタンドが付いているのもGOODです!

 

 

続いてKLX230です。

DSC_5223

当たり前ですが今回のようなぬかるんだ路面の走行ではKLX230Rに軍配が上がります。

 

しかし、長距離走行を想定した乗り心地重視のサスペンションセッティング、高速道路の走行を想定したスプロケットのチョイス、オンロード走行も考慮したタイヤのチョイスなど

 

公道走行をするKLX230にしかない装備、セッティングがしっかりと施されており、汎用性の高さを感じることができました。

 

そして何よりも気になっていたカワサキ初のデュアルパーパスABSに関してですが、ちょっと強めにブレーキングしてもABSが効きすぎて止まらないという場面も無く、

 

オフロード走行に慣れていない方にはより安全に走れる手助けをしてくれる有効な機能だと確認できました。オフロード走行に興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せない方にとてもお勧めできるモデルだと思います。

 

 

最後にココが大事ですが、両モデルとも気負いなく気軽に乗れるとても楽しいモデルでした!

 

もっと詳しいインプレッションなどはバイクハウスゼログループ各店にてお尋ね下さい!

 

 

 


Comments are closed.