| RSS

HONDA

「技術の本田宗一郎」と「経営の藤沢武夫」、両氏により築かれた日本の誇る世界シェアNo1のトップブランドメーカー。

 

1946年、ホンダの始まりは自転車に無線機用発電エンジンを取り付けた補助エンジン付自転車だった。
そして1958年、今なお売れ続け、世界的な大ヒットとなる「スーパーカブ」を発売。


「本田宗一郎」


「スーパーカブ」

また当時、世界的には無名であった日本のオートバイメーカーであるホンダがマン島TTレース参戦を宣言。
参戦から3年で並み居る強豪の外国メーカーを抑えてのマン島優勝を果たしホンダを世界に知らしめた。
マン島優勝、世界GPの5クラス完全制覇を成しとげ、スーパーカブのヒットで2輪車の生産量世界一にとなっていたホンダであったが、大排気量が主流のアメリカではトライアンフ、ノートン、ハーレーを相手に苦戦を強いられていた。
1969年、ついに量産車初の4気筒エンジン、量産車初のディスクブレーキを装備した「CB750Four」を発表する。「CB750Four」は年間生産予定1500台の予定を月産3000台となる大ヒットとなり、世の中にナナハンブーム起こした。
 

ZERO目線のホンダ


ホンダのバイクは素直で乗りやすく教習車として最も多く導入されており、バイク乗りであれば一度は乗ったことがあるはず。スタートはホンダから始めれば間違いない、そうお勧めできるメーカーです。



ゼロ資格バイクハウスゼロは埼玉県内に120店あるホンダ正規取扱店の中でも16社だけが持つ、ホンダ全排気量取扱い資格「ホンダスポーツショップ資格PRO'S」有資格店です。

 


YAMAHA

「デザインのヤマハ」と呼ばれ、社会現象も巻き起こすヒットモデルを輩出。

ヤマハ発動機販売は戦時中に飛行機プロペラなどの軍需部品製造を生産していた工場の平和利用を目的とし、1955年に日本楽器(現ヤマハ)から分離されるかたちでオートバイ製造販売業をスタートしました。

 

YAMAHA
「YA1(125cc)」




 浜松市がまだ浜名郡と呼ばれていた時期に、浜名工場を設立し、モーターサイクル第1号機である「YA1(125cc)」を生産。そして、その年になんと「YA1」が第3回富士登山レースで優勝。さらには、第1回全日本オートバイ耐久ロードレースのウルトラライト級(125cc)で「YA1」が1~3位を独占し、世間を驚かせるとともに、オートバイのヤマハの名とその開発力や技術を知らしめることになりました。

 

近年では2010年に世界GPの「MotoGPクラス」においてメーカー、チーム、ライダーの3冠を取る偉業を成し遂げました。ヤマハは技術力だけでなく、「デザインのヤマハ」と呼ばれ、バイクのデザインそのものの市場評価も高く、ロングセラーモデルも多数存在します。 また社会現象にまでなったトラッカーブームはTW200が、免許制度をも変えたビックスクーターブームはマジェスティが火付け役であり、他メーカーはそれに追従する形になりました。

 

 

ZERO目線のヤマハ


バイクを選ぶ理由、それは人それぞれですが、大きな理由の一つにデザイン性という共通項があるのではないでしょうか。ヤマハの洗練された美しいデザインと機能美はモーターサイクルを所有する喜びを味あわせてくれます。



ゼロ資格バイクハウスゼロはヤマハ取扱店の中でもヤマハ発動機販売が定める「厳しい基準、条件をクリアし、高い技術力とサポート力」を持つ店であるヤマハスポーツバイク正規取扱店に選ばれています


Kawasaki

ライムグリーンでおなじみの「グリーンモンスター」は今日も独自路線を突き進む。

 

船舶や鉄道、航空宇宙事業等を手掛ける川崎重工業の一部門である川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーがバイクメーカーの「Kawasaki」である。

当初は明発として2輪用エンジンの製造を手掛けていたが、2輪メーカーのメグロを吸収し大型2輪メーカーとして地位を確立していく。





 

シテイコミューター、いわゆるスクーターのラインナップを持たない日本の4メーカーの中では異質な存在の「Kawasaki」。

レプリカブーム、トラッカーブーム、ビックスクーターブーム等、バイク史上に起きたブームも全く意に介さず、独自路線を突き進む。

歴史に名を刻むバイクも多く「ZⅠ」「ZⅡ」「マッハ」「Z1000」「W」「GPZ」「ZZR」「ゼファー」…等、生産終了後プレミアがつく車両も多い。

また、カワサキと言えばライムグリーンのイメージが強いが、コーポレートカラーは実は赤/白(ワールド展開では黒/緑)でライムグリーンはレーシングイメージカラーである。

海外レース参戦時に不吉なカラーとされていたライムグリーンをあえて使用することでインパクトを与えた。その後、世界各国で猛威を振るうカワサキレーサーは「グリーンモンスター」と呼ばれるようになった。

近年はモデル区分を大きく「Ninja」「Z」「クラシック」の3つに分けてラインナップの充実を図っている。

 

ZERO目線のカワサキ


大型バイクの、大きい、重い、手強いというイメージが強く「男・カワサキ」と呼ばれる事もありますが、Ninja250やエストレヤ等、ビギナーの方にもお勧めのフレンドリーなバイクもラインナップ充実しています。


ゼロ資格

バイクハウスゼロはカワサキ正規取扱店です。埼玉県内に20店あるカワサキ正規取扱い店の中でも専門店を有する当社はカワサキ車の取扱いには自信を持っております

 

 


Triumph

トム・クルーズ「ミッションインポッシブルII」で一躍有名に。見た目のカッコよさは言うまでもありません。

 

トライアンフの歴史は遥か19世紀まで遡ります。

自転車産業からモーターサイクル産業へ発展したトライアンフは1907年から始まったマン島TTレースで活躍。高い完走率と信頼性で一躍世界のトップブランドの仲間入りを果たします。

1914年からの世界第一次大戦ではその性能を買われ、3万台以上のトライアンフが軍用車として使用されました。第二次世界大戦で爆撃を受け壊滅するも新たなメリデン工場へ移設され、TR5トロフィーや649ccの6Tサンダーバード・T120ボンネビルが登場。メリデン時代の黄金期を迎えます。

そしてこの頃に公開されたスティーブマックイーン主演の「大脱走」でトライアンフTR6トロフィーが注目を集め日本でも広く知られるようになりました。

 

トライアンフ





 1960年代後半に日本製オートバイの台頭により不遇の時代を経て、1990年に本格的にヒンクレー工場が稼働し、新生「トライアンフモーターサイクル」として全く新しい水冷直列3気筒・水冷直列4気筒を搭載した車両を生産、1997年にはトライアンフの独自性現れるT597デイトナを発表するに至ります。

 

2001年には往年の車種名ボンネビルを復活させるなど、現存する最古のモーターサイクルメーカーとして今日まで他社とは違った特徴を持つモーターサイクルを送り出しています。

近年ではトム・クルーズ主演の映画「ミッションインポッシブルⅡ」にてスピードトリプルでのアクションが広く知られ、トライアンフの地位を確立してきました。

 

 

ZERO目線のトライアンフ


見た目のカッコ良さはもちろんですが、トライアンフはエンジンとハンドリングが最大の魅力と言えます。それはクラシックモデルや大型クルーザーでさえ容易に体感できるモノです。故障も非常に少なく、決して敷居の高い外国車ではありません。乗り易さとも面白さが両立するバイク。それがトライアンフモーターサイクルです。



ゼロ資格バイクハウスゼログループ「トライアンフ埼玉南」は埼玉県唯一のトライアンフワールド」資格店です。


Aprilia

イタリアブランドの高いデザイン性と速さのジャンルではトップメーカー

 

第二次世界大戦後、自転車生産工場から始まり、部品から車体の組立まで一貫して行うメーカーとして設立。

1974年に本格的なモトクロッサーを制作しレースの世界で成功を収めました。レース活動を積極的に行う事はブランドの知名度を広げるためではなく、レースから得たデータを市販車に活かすという方針によるもので、1980年代からは125cc・250ccクラスでのレースで圧倒的な速さを誇り、1990年代に日本人選手がロードレース世界選手権に参戦・優勝するなどの好成績を残しました。アプリリア

250cc、2サイクルエンジン搭載のRS250はスズキからエンジン提供を受けるなど、日本でも馴染みのあるメーカーとして地位を確立。

1990年台にはスクーターカテゴリーに参入、1998年には大排気量カテゴリーに参入しアプリリアはヨーロッパ第2位の規模を持つメーカーに成長しました。

またヨーロッパでは唯一スクーターからビッグバイクの全カテゴリーを生産するメーカーとなり、世界のレースシーンだけではなく、バイク市場の中でもトップクラスのメーカーとして最高の名誉と成功を勝ち得えました。

アプリリア



 

ZERO目線のアプリリア


イタリアブランドとして高いデザイン性はもちろんですが、「速さ」というジャンルにおいては他を圧倒するメーカーです。それは1985年にロードレース世界選手権に参戦以来34ものタイトル獲得という事実が物語っています。高い技術力を持つ電子制御システムを搭載する事も「速さ」に直結しますが、近年にみる排ガス規制などの環境問題にも配慮する姿勢も目を見張るものがあります。



ゼロ資格バイクハウスゼロはピアジオグループ正規取扱店です。アプリリアは取扱いを始めてから10年以上の実績になります。

 

 

 

 

 


MOTO GUZZI

1921年に設立されたイタリア最古のオートバイメーカー

 

第二次世界大戦前は空冷水平単気筒エンジンだったが、戦後は一貫して空冷縦置き90°Vツインエンジンとシャフトドライブを採用している。

 

特徴的なエンブレムはイタリア空軍の象徴であるAQUILA「鷲」が描かれている。これはイタリア空軍で出会った創業者ジョヴァンニ・ラヴェッリとエンジニアで社名の元となったカルロ・グッツィ、富豪のジョルジョ・パローディのうち、ラヴェリが航空機事故で亡くなってしまい、実際の会社設立には参加できなかた事を悼み、そして3人の友情が出発点であることを象徴としたエンブレムである。

 

創業直後よりレース活動に取り組み、1957年までワールドチャンピオンシップの常勝チームとして名を馳せ、14回のワールドタイトル獲得と11回のマン島TT優勝を成し遂げている。

創業者カルロ・グッツィの愛弟子であったジュリオ・チェーザレ・カルカーノ技師によりホッケンハイムサーキットで最高速度275Km/hと平均速度199Km/hを記録した事は、現在でもGP史のみならず、イタリア二輪産業界の輝かしい1つの頂点として記録されている。

ちなみに、このカルカーノ技師が現在のVツインエンジンの原型を設計したことは、有名なエピソードである。


ZERO目線のモトグッチ


モトグッチの魅力を一言で表すならば、「味」でしょう。左右に張り出した独特の縦置きVツインエンジンが醸し出す鼓動感は他にない高揚感があります。1970年代から変わらぬ基本設計とイタリアの高いデザイン性、見ているだけでも楽しくなるオートバイメーカーです。



ゼロ資格バイクハウスゼロはピアジオグループ・モトグッツィ正規取扱店です。

 

 

 

  

 

 

  

 

 

 


SUZUKI

革新的な技術を世に送り出す。チャレンジ精神旺盛な個性派メーカー

織機機械メーカーとして1909年創業の鈴木式織機は、1953年に排気量60ccのダイヤモンドフリーを発売。その年の富士登山レースに優勝、翌年はスズキ初の二輪完成車コレダ号で出場し2年連続優勝を遂げる。更に1963年には英国マン島T・Tレース(50ccクラス)において伊藤光夫選手が日本人として初の優勝を成し遂げた。

 

スズキ
「1953年ダイヤモンドフリー」

スズキ
「コレダ号」

GSX1100Sカタナ
「RG250Γ」

「GSX1300R「ハヤブサ」

 スズキを代表するモデル、1981年に発表されたGSX1100Sカタナ。

ターゲットデザイン代表ハンス・ムート氏デザインのGSX1100Sはそのペットネームの通り「刀」をモチーフにしたデザインで、その当時あまりに先鋭的なデザインで世界に衝撃を与えたモデルである。

また革新的な技術を世に送り出すスズキはチャンバー室を持つ2サイクルマフラーやアルミフレーム、フルカウル等を初めて市販車に採用し、世間はもちろん、他メーカーをも驚かせた。

 

1999年発売された究極のスポーツモデルGSX1300R「ハヤブサ」はストック状態で時速300kmに到達。

カワサキとの最高速争いは世界に300km/h規制をもたらした。

 

ZERO目線のスズキ


スズキはこれまで「カタナ」や「ハヤブサ」など車名=ブランドとなるような数々の名車を生んできました。これはスズキの新しいモノ作りに対する飽くなきチャレンジ精神の現れです。人とは違う個性的なモーターサイクルに乗りたい!という方にお勧めのメーカーです。



ゼロ資格バイクハウスゼロは埼玉県内に120店あるスズキバイクショップの中でも12社だけが持つスズキ全排気量取扱いのスズキアドバイザー資格店です


PIAGGIO

個性的なデザインが魅力のヨーロッパでNO.1のオートバイメーカー。 

 

 

 

ピアッジオの歴史は1884年まで遡ります。

創業者であるリナールド・ピアッジオにより船舶用パーツメーカーとして設立されました。その後事業を拡大し、1946年にはスクーターの代名詞「ベスパ」の生産を開始。

現在(2014年6月)では「アプリリア」「モトグッツィ」「ジレラ」「デルビ」を傘下に収め、「ベスパ」ブランドと自らの「ピアジオ」ブランドを展開するヨーロッパNo1、世界第4位のオートバイメーカーです。

 

ピアジオブランドとしては2006年5月にオートバイとしては画期的なフロント2輪、リアが1輪という構成の「MP3」を発表し世界中の注目を集めました。

 






 

ZERO目線のピアッジオ


エンジン供給メーカーとしても有名なピアッジオのモーターサイクルは高性能エンジンを搭載。MP3に代表されるスリーターやHYBRIDモデルなどヨーロッパメーカーの中でも特に独創的な機構や革新的なデザインが特徴です。人と違うものが好き!という方にお勧めです。



ゼロ資格バイクハウスゼロはピアジオグループ正規取扱い店です。

 


DERBI

スペイン バルセロナの自転車店から、オートバイ開発へ

 

1922年に創業者のSimon Rabasa i Singlaがバルセロナ郊外で開業した自転車屋に始まる。

自転車事業に成功した利益を元手に1946年にエンジン付き車両の製造販売を開始。初代モデル「SRS」に始まり1950年には同社初の本格的オートバイ「Derbi250」を披露した。

 

ロードレース世界選手権においては1969年に50ccクラスで初のチャンピオンを獲得。1988年に一度GPから撤退したが1999年に125ccクラス復帰を果たす。日本の宇井陽一がエースライダーとして開発に務め、2000年には5勝を挙げてシリーズ2位に入った。



初代モデル「SRS」

 

ZERO目線のデルビ


スペインのメーカーであるデルビは世界GPの125ccクラスで輝かしい成績を残してきました。その技術や最高級パーツを惜しみなくフィードバックしたラインナップを誇ります。 また、デルビを象徴する先鋭的なデザインは見るものを惹きつけライダーに充分な所有感をもたらせてくれます。



ゼロ資格バイクハウスゼロはピアジオグループ・デルビの正規取扱店です

 


零エンジニアリング

プロトが設立し木村信也氏を代表としてスタートした零エンジニアリング。

 

1992年プロトが設立し木村信也氏を代表としてスタートした零エンジニアリング。その木村信也氏がデザインして誕生したのがロードホッパーである。

 

ゼロ・スタイルと言うカスタムジャンルを確立し、ハーレーカスタム界に衝撃をもたらした零エンジニアリング。プロト零エンジニアリングの次なるロードホッパープロジェクトは、一般的には手が届きにくいワンオフのカスタムマシンを安定した品質と信頼を徹底追及し量産化させること。大手量産メーカーでは成しえないカスタムテイストを持った市販車を完成させ、多くの人が零スタイルを手に入れることが出来るようになりました。







リジットフレームにハーレーエンジンを搭載したTYPE1、TYPE2と2005年にはS&Sエンジンを搭載するTYPE5を追加。

2006年に木村信也氏は単身渡米零を離れることになる。

しかしその後も排気ガス規制に合わせてインジェクション化、2011年には一見するとリジットフレームながらサス機能をもつマルチアームサスペンションを搭載したTYPE9を発表。

 

いまや日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国でも販売されるプロト零エンジニアリングは日本第5のメーカーの地位を確立しました。

ZERO目線の零エンジニアリング


何よりもまずそのデザイン。このスタイルが市販車で手に入ることにその価値があります。

車体も非常に軽量で、ハンドルやステップの位置も日本人サイズで、外車のクルーザーにありがちな、車体に張付いているような乗車姿勢になってしまうこともありません。

カタログ上のスペックではなく、ビックツインエンジンが路面を蹴り上げて走るそのダイレクト感。乗り味も、所有感もお客様にとって特別な1台になることは間違いありません。



ゼロ資格バイクハウスゼロはプロト零エンジニアリングの正規取扱店です。

※バイクハウスZEROと零エンジニアリングは関連会社ではありません。(念のため)

 


(1) 2 »