今年のイベント決まりました!

http://www.bikehouse-zero.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=231

最新のイベントレポート
 

~楽しく走って上手くなろう! 大好評のZEROだけのオリジナル ライテク スクール!        
同時開催!BIKEGOODS&GEAR展示即売会! ~

PhotoAlbumはこちら

毎度お馴染みライスクも35回目になります。 今回もオートバイをより安全により楽しく乗って頂くため、大勢のお客様にご参加いただきました。  さらに今回はバイクハウスZEROがおススメするプロテクター、ライディングブーツなどをご用意しました! 意外と知られていない用品ですが楽しいバイクライフを送るための必需品です。 乗ってよし、見てよしの大好評のイベントとなりました。

ルート&スケジュール

場所

さいたま市 サーキット秋ヶ瀬

普段は大きなバイクでの走行が出来ませんがZEROだけ特別に! 排気量を問わずライディングスクールを開催させてもらってます。 

天気

最近ではなかったと思います。 まさかの一日 雨・・・・・・・

一週間前の予報では晴れのはずが、やっぱり呼んでます雨を!しかも強力に! まさか今回から雨男が増えてたりして。 しかしここまで雨が降れば、割り切って雨の日テクを学ぶチャンス!  ライスク後の雨の日が楽しくなるかも!

8:00

集合時間です! 毎度のことですが「遅刻厳禁!!」バイクに楽しくのる時は余裕をもって! 走行前に全員でライダースミーティングを行います。 諸注意、約束事を全員が理解していないと事故にもつながります。 この後はいよいよ走行開始!

9:00

午前のカリキュラムのスタート! 今回はウエットならではの走行方法や、レベルアップの参考にするため全員でラップタイムを計測しあったり、パドックでは基本練習をアレンジして楽しく上手になるカリキュラムをこなしていきましょう。

12:00

あっという間にお昼の時間です。 午前中目一杯走って動いたお腹には、待ってましたと唐揚げ弁当!がっつり食べてお腹は満タン!午後も楽しく走ってスキルUP!

13:00

午後のカリキュラムスタート! 午前中の練習の成果がラップタイムに出ています。(注意!レースじゃないので競ってるわけではありません)見ていても安定して無理なく走行しているのがわかるくらい、後は練習を重ねて自分のものにするだけです!

16:00

お疲れ様でしたー。 今回も大きな転倒、怪我もなく無事終了です。 今回は貴重な雨の日のテクニックが学べたかと思います。 今日の成果を日ごろの安全運転に活かし、ZEROとみんなで楽しいバイクライフを送りましょう!

イベント紹介画像&コメント

イベント報告画像

01) ライスクの朝は早い!半分寝てるスタッフも? 準備も回を重ねているのでスムーズ!皆さんが一日楽しんでもらえるように準備はバッチグー! 集合時間1時間前に早い方は到着、何時起きなんでしょうか?
 

イベント報告画像

02) 参加者の方が続々と到着。 皆さんドキドキ、ワクワク・・ちょっと緊張されてる方も。 でも緊張するのは朝だけ。 ライスクが始まると夢中になって、自然に笑顔になってますよ!

イベント報告画像

03) 楽しい一日が始まるよー!まずはライダースミーティングこれ重要! 諸注意、注意事項 全員が充分理解した上で走らないと自分だけでなく、廻りの方にも危険を及ぼす可能性があるのでしっかり聞きましょう!わからないところは質問してね。

イベント報告画像

04) 走行前のハイチーズ!全員集合の記念撮影です!
 

イベント報告画像

05) いよいよ走行開始!インストラクターからポイントを聞きます、聞いた後すぐ実戦!聞いただけでは出来るようにはなりません。ポイントを抑える→実践→イントラからのアドバイスを繰り返すことがレベルアップする近道です。

イベント報告画像

06) 知らず知らずの内に自己流(クセ)はついています。練習中にイントラからのアドバイスを試してみると意外と乗りやすくなったり、思うとおりにバイクが動いたりと発見があるはず。そしてイントラが熱い!聞き手もつられて熱くなりすぎないように注意しましょう!

イベント報告画像

07) 今回はグリップ商事さんにご参加いただきました!各メーカーのタイヤやドライブチェーン、スプロケットなどを扱っています、見た目だけではわからないタイヤの違いなど親切、丁寧に説明してくれますよ、商品の裏話も聞けるかも!

イベント報告画像

08) さらに今回!スティルマーティン(ライディングブーツ)、ソウルレース(プロテクター)などを扱っているモノリスさんにもご参加いただきました。ブーツを試着していただいたお客様から「ZEROさんのすすめる物なら」とご購入頂きました。ありがとうございます!
 

イベント報告画像

09) あっという間にお昼の時間です。夢中になると時間がたつのも早いものです。ライディングは体力、精神力(雨なので晴れの日の倍ぐらい)を使います。カロリー消費もかなりのもの!バイクダイエット流行るかも?がっつりお弁当食べて、体を休めて、そしてバイク乗り同士の話も自然と盛り上がります。バイク乗りに悪い人はいない!?

イベント報告画像

10) お弁当は特製からあげ弁当、これがおいしい!今回もたくさんの女性のお客さまにもご参加いただきました。お腹も満たされると睡魔との闘い、たっぷり休んで眠気を飛ばして午後もがっつり走りましょう!

イベント報告画像

11) 午後のスクール始まりますよー! 午後もサーキットを走る方、走っている人のタイムを計る方、駐車場での練習の方、それぞれローテーションで進みます。 ちなみに走行ペースは自分に合ったペースを選べます。 当日あきらかにペースが合わないな~となれば変更も可能。

イベント報告画像

12) 普段は走れないサーキット場を思いっきり走れます(幸せ)。 なんといっても対向車がいない、車が走っていない(サーキットなので当たり前ですが) 普段公道ではできない、一歩踏み込んだ走りを試すには絶好の場所なのです。

イベント報告画像

13) ココまで来たら神がかり、バイクハウスZEROのザ・雨男「ライスク担当寺島」曰く、
雨の日こそ本当のライディングテクニックが身につきます。
自分が走るときはいつも雨だからウェット走行が上手くなっているとも気付かずに今日も語ります。
それは冗談として、本当に雨の日にしか出来ない練習もあるのです。

イベント報告画像

14) いい笑顔ですね~!バイクは走る距離、転ぶ回数でうまくなっていきます。 ただ転んだ時、自分の身を守る物は絶対に必要です。 この笑顔もソウルレース、MFベンダーカラーのおかげですね! ソウルレース、スティルマーティンの詳しい内容は各店舗スタッフにお聞きください。店頭にてご試着ができます!

イベント報告画像

15) お疲れさまでした~! 閉会式&表彰式です。インストラクターの方より総評があり、ドキドキの表彰式です。 今回も各ジャンルの表彰がありました(タイムが速い遅いだけじゃありません)賞品をもらえなかった方も安心してください、ちゃんと用意してありますから。

さっそく帰り道から今日覚えたことを安全運転に活かして、これからもバイクハウスZEROと一緒に楽しいバイクライフを送りましょう。  

 

楽しく走って上手くなろう!大好評のZEROだけのオリジナル ライテク スクール!

 
PhotoAlbumはこちら

毎度おなじみライディングスクールも数えること34回!半年に1回の開催、エントリーしたくて首をなが~くして待っていた常連さんから、一週間前締め切り当日、新車納車日にスタッフから勧められて飛び込み参加した方まで、様々なお客様にご参加いただき今回も満員御礼!ゼロのライスクは初級から上級までのクラス、それぞれのレベルで必ず得るものがあります。来た時よりも帰り道が確実に、上手に楽に走れる実感が持てる大好評企画のはじまり!

ルート&スケジュール

場所

ノリックや加藤大治郎、亀谷長純などの有名ライダーが、幼少の頃から腕を磨いていたサーキット秋ヶ瀬にて開催。1周約700メートルのショートサーキットと、通常駐車場として利用されるアスファルトを使い様々なカリキュラムを行います。

天気

オートバイに乗る者は精神的にしっかりしていなければなりません。雨→路面ぬれてる→滑る→怖い、ヤダー!ではなく、雨→路面ぬれてる→グリップ限界が低い→無理しなくても練習になるジャ~ン!ぐらいの前向きさが必要です。・・・・スミマセン。やっぱり降らせてしまいました。(雨担当ハック寺島、ゴッドハンド菊地、お手伝い西野さん、槙さん)ただ午前中には路面も乾き、午後は気持ちよくアクセル全開で走れましたとさ。

8:00

集合時間です!毎度のことですが「遅刻厳禁!!」。みんなで運営、みんなが参加者、みんなで楽しむ!がZEROイベントの鉄則!走行前に参加者全員でライダースミーティングを行い、サーキットの約束事や諸注意を伝えたらいよいよ走行開始!
 

9:00

午前のカリキュラムのスタート!はりきりすぎて転ばないように?ガンバロー!
レベルアップの参考にするため全員でラップタイムを計測しあったり、パドックでは基本練習をおもしろくアレンジして楽しく上手になるカリキュラムをこなしていきましょう。

12:00

バイクってホントに「スポーツ」ですね!午前中目一杯走ってお腹も減ったでしょ!昼食で~す。オイシさも定評のZEROオリジナル?唐揚げ弁当を食べてお腹も満タン!午後も楽しく走ってスキルUP!

13:00

午後の練習は路面も乾いてテンションも最高潮!午前中に開け切れなかったアクセルをフルオープン!今まで習った内容を応用させて、楽しく走っているだけで上手くなっちゃおう!

16:00

無事ケガや大きな転倒も無く終了です。もちろんZEROライスクは必ずレベルアップします!ですが、一日で完璧になるには難しいでしょう。今日教わったコツや練習を日頃の走行で気にしながら、楽しくカッコイイ安全のテクニックを自分のモノにして下さいね!

イベント紹介画像&コメント

イベント報告画像 01) 朝も早くからスタッフ総出で準備です。これもみんなが気持ちよく走る為と思えばつらくない!午前中は小雨。但しコース上は水溜りが所々に存在しているので走行までに水かき。ボランティアでオフィシャルをしていただいた有志の方々のおかげで準備バッチリ!いつもありがとうございます!
イベント報告画像 02) サーキットを走るので万一に備えテーピングとミラーの取り外し等、車輌の点検整備もします。実際テーピングの恩恵にさずかった人もいたとかいないとか。自分のバイクを自分で準備するのも上達への近道ですよ~。ただ出来なくても大丈夫!周りにはサービススタッフが待機していますので声をかけてくれればバッチリ用意いたします!これも販売店主催ならではの行き届いたサービスです。
イベント報告画像 03) 受付後の一時、今日一日への期待でテンション上がりまくりの参加者たち。そりゃそうだよネー!滅多にサーキットなんかで全開走行する機会なんて無いわけだし、ジムカーナみたいな練習だって教習所ぐらいでしか出来ないもん。その情熱でついでに路面も乾かしてくれ!このあとはライダースミーティングで諸注意を伝えた後、いよいよ走行開始だ!
イベント報告画像 04) ハイチーズ!全員集合の記念撮影です!
 
イベント報告画像 05) こちらはサーキットのピットロードです。走行前にインストラクターより注意事項、アドバイスを受けいざ出発!まずは完熟走行から。一番緊張する瞬間。いつもサーキットの走行順序は上級→中級→初級のローテーションなんですが、走行直前辺りから雨があがり、今回は上級の走行で路面を乾かしてもらう感じになりました。おかげで初級の皆さんが走るころにはほぼドライになり、とても走りやすかったそうです。上級のクラスで物足りなかった人は、午後の走行で思いっきり飛ばしちゃってください!
イベント報告画像 06) 第3コーナー(左ヘアピン)のワンショット。まだまだ走り始めなので硬さが抜けていません。でも最初はそのぐらいの慎重さでOK!無理して飛ばすと濡れてる路面が牙を剥き、気付いたらいつの間にか空を見上げてた、な~んて事も。そうなっちゃった人は「ココが公道で無くてよかった~!」と前向きにとらえましょう。
07) 午前中のパドック(ひろ~いフラットな舗装路)でのカリキュラムはライディングの基本、ブレ-キングです。これで本来のブレーキ操作が体感できます。教習所の急制動以来やってない人の方が多かったようです。確実に止まれればスピードも怖くありません!とはいえ滅多にやらないことなので無理してコケないようにしてくだいネ。
イベント報告画像 08) 走った後、アドバイスをインストラクターが一人一人にしてくれます。ブレーキは安全の基本です。しっかり身に付けてください。教習所や警察では教えない「ホントの実戦ブレーキ」を楽しく身に付けましょう!
 
イベント報告画像 09) 午前の走行が終わったのでお待ちかねのお昼ご飯。午後に向けてガッツリ食ってライダーも満タンに!ほとんどの参加者は一人で来ているのですが、この頃になるとご覧の通り同じバイク乗り同士超仲良くなってます。同じ趣味を持つ者と車座になって空の下で飯を食う。これほどの至福のときがあるのでしょうか!
イベント報告画像 10) 今回ひときわ熱い走りの女性陣2人。上級クラス参戦、男性顔負けの走りでバリバリ膝擦ってたラッキーストライクGSXR600小森さんと、普段はZEP1100とFTR乗ってるけど練習用に買っちゃったNSR250Rでパリパリ快音響かせてた藤森さん。この他にもたくさんの女性の方ご参加頂きました。ライスクは女性のほうが積極的に質問する傾向があります。そして上達も圧倒的にそういった方のほうが早いんです。男性のみんなも積極的に聞いてみよう!
イベント報告画像 11) 午後のスクールスタートです。午前中とうってかわってサーキットも駐車場も超グッドコンディション!特に上級クラスの参加者はやっと本領発揮できそうです。はやる気持ちを抑えつつコースインを待つ参加者。ちなみにサーキットは15分走行×4回、トータル1時間も走れちゃいます!プラス駐車場は午前と午後1時間ずつで計2時間のボリューム!疲れたら自主的に休憩OKですので自分のペースで学べます。
イベント報告画像 12) これがコースの全体。サーキットとしては小さめではありますが、特に初級者には走りやすい大きさです。大きなサーキットでは横幅が広すぎてどこを走ってして良いものやら解からなくなりがですが、このくらいだとちょうど峠道っぽく走れるので、まさに練習にはベストマッチ。無理なく楽しく上達できます。
イベント報告画像 13) 普段公道では高性能マシンのほんの一部分しか性能を味わえませんが、サーキットならだれの邪魔もなく、遠慮もしないで思う存分楽しめます。但しサーキットにおけるルールは守ってくださいね!この写真は上級クラスの1コーナー(一番スピードが乗る)です。脇で見てるとまるでアメリカのドッグレースの様。いやいや犬だって言ってるわけじゃなくて走る本能で目が輝いているって言いたいんですヨ!
イベント報告画像 14) こちらはラップタイム集計です。もちろんスクールですので『何秒で走ったか』ではなく『どのくらい上達したか』が重要です。通常はやはり初級者の方がタイムが縮まる傾向なんですが、今回は午前ウエット、午後ドライだった上級者が軒並みタイムを上げてきました!閉会式でタイムの縮まった上位に豪華賞品を差し上げてますが、めったにもらう機会の無い常連さんたちが久々ゲット!体全体で歓びを表現してました。(最後の写真参照)
イベント報告画像 15) 駐車場での午後の課題はジムカーナっぽいパイロンスラロームです。ビックバイクのレプリカなんかはマシン的に相当大変そうでしたが、こういった練習をした後街中では相当楽に走行できます。たのしくかんばって下さいネ。
イベント報告画像 16) 実際走って体得することももちろん重要ですが、ポイントを掴んで頭で理解することも上達の近道。インストラクターの先生方が優しく解かりやすくアドバイスしてくれるので、たった1日でもすさまじく上手くなります。ゼロのライスク名物、田村先生のリアクションたっぷりレクチャーは一見の価値アリ!
イベント報告画像 17) お疲れ様でした~。閉会式です。大きな転倒やケガもなく無事終了です。まずは今日一日お世話になったインストラクターの先生方より本日の総評をしていただき、その後はお待ちかねの賞品ゲットタ~イム!まずはイントラ賞の発表。メガスポーツ車で必死にジムカーナを体得した方や、無念にも転んでしまった方など印象に残るライダーに授与されました。
イベント報告画像 18) その後はタイムの縮まった上位3名に豪華賞品のプレゼント!今回は全員上級クラスの方がゲットしてました。本日のライスクはこれで終了ですが、今日覚えたことを日頃の安全運転や楽しいツーリングに役立ててください。バイク仲間もいっぱい出来たのでさっそくツーリングや呑み会(ライテクは関係ないか?)にさそいあっていました。おうちに帰るまでが遠足じゃなかったライスクです。気を付けて帰ってね!

楽しく走って上手くなろう!大好評のZEROだけのオリジナル ライテク スクール!

PhotoAlbumはこちら

ゼロ名物イベントの一つ、ライスクも今年でなんと18年!いつもたくさんの参加者でにぎわっております。ここの所たてつづけにツーリングが雨でお流れになっておりますが(誰のせいかな?須田君!)、その雪辱を晴らすべく超ウルトラドピーカン。絶好のバイク日和の中、気持ちよく楽しんでテクニックも向上!大満足の一日となりました。

ルート&スケジュール

場所

さいたま市にあるサーキット秋ヶ瀬。いわずと知れた関東屈指のミニバイクサーキットです。本来ナンバー付きの大きなバイクは走れませんが、BHゼロのライスクに限り特別に!開催させてもらってます。

天気

前回先払いで謝罪したおかげか(32回報告参照)、はたまた関東三大雨男サービスチーフ菊地が現地にいなかったからなのか?とにかく終日いい天気!現地スタッフは日焼けしすぎて、夏を待たずして皮がむけ始めております。次回も宜しくお願いします、お天気の神様!

8:00

今回一番乗りはCBR400RRイソダ君。なんと7時前からやる気満々で集合してました!自分のバイクをテーピング、ミラーを外し、受付を行います。その後参加者全員でライダースミーティング。公道とは異なるシチュエーションでの走行になりますので安全に走るためのルール説明です。モータースポーツの基本は安全第一!

9:00

スクールスタート!もうお馴染みだとは思いますが、当スクールは東映マンガ祭りもびっくりのサーキット走行と駐車場の超豪華二本立て!障害のないコースで思いっきり走り、ブレーキングやスラロームなどの、逆に障害をかわすテクニックを身につける。ライディングの基礎と醍醐味両方を堪能できます。

12:00

イヤー暑かった分余計ハラ減ったな~。お待ちかね、お昼ごはんの時間です。ほとんどの方はお一人での参加なんですが、この頃になると同じ趣味を持つ者同士すっかり仲良くなっています。バイク好き同士話は尽きませんが、午後にむけてしっかり体を休めましょう。

13:00

午後の練習もサイコーのコンディションの中思う存分走ります。この頃にはコースも覚えてきて皆さん確実にタイムアップしてました。駐車場ではコーナー数30以上の超ロングパイロンスラローム!

16:00

今日も無事大きな事故無く閉会式を迎えられました。タイムの縮まった方上位3名に賞品と、インストラクターが独断で選ぶイントラ賞の授与、そしてイントラから一日の総括を述べてもらいスクール修了となります。今日体得したテクニックをお土産に、皆さん笑顔で新しいバイク仲間と共に帰路につきました。

イベント紹介画像&コメント

イベント報告画像 01) 首都圏内から絶好のアクセスポイントにあるサーキット秋ヶ瀬。今日ここからそれぞれのバイク乗りたちに新しいドラマが始まる。なーんて大袈裟ですがこのライスクを機会に、レース始めたりガレージ建てちゃう人もいるぐらいですよ。さ~てアツい一日の始まりでーす!
イベント報告画像 02) 参加者の皆さん、続々到着です。サーキットを走るためには、ミラーの取り外しとテーピングが必要です。自分のバイクを自分で準備することで、車体の点検にもつながりますので面倒くさがらずしっかりやりましょう!もちろんサポートするスタッフがおりますのでやり方のわからない初めての方も安心。
イベント報告画像 03) バイクの準備はOK!そしたら次は受付で出欠チェックと本日のタイムスケジュールをお渡しします。まだこの頃だと「今日は上手く走れるかな~?」「どんなことやるんだろう?」と期待と緊張が隠せません。かと思えばやる気満々、いそいそとバイクにゼッケンカウル付け始める常連さんもいたとかいないとか。
イベント報告画像 04) オハヨーゴザイマースッ!ライダースミーティングの始まりです。今日一日教えていただくインストラクターの先生方の紹介、その後安全に受講してもらうための走行ルールの説明です。一般公道とはまるっきり別の走り方をする訳ですから、その基本(コースイン、コースアウトの方法、旗の色、その意味等)を理解していただいてみんなで楽しいスクールにしましょう!
 
イベント報告画像 05) お約束のコケないうちに記念撮影。ハイチーズ!
イベント報告画像 06) さていよいよ練習スタートです!ピットエリアからまずは先導つきで慣熟走行を行います。一番緊張する時ですが、コースに出て慣れてしまうまでなんてあっという間。思う存分お楽しみくださぁ~い!
イベント報告画像 07) こちらはメインストレートから1コーナーにかけて一番スピードの乗るポイントになります。写真に写っているクラスはベテランの方々なのでかなり絵になるフォームですね~。ちなみにゼロのライスクはあくまでお客様に楽しんでいただくことを目的としていますので、カリキュラム自体はとてもソフトで初めての方でも全くビビる必要はナッシング!
イベント報告画像 08) ここは最終コーナー。ここをスムーズに走るコツとしてはやみくもに寝かせるよりも、いかに早い段階でマシンの向きを変えてアクセルを開けられるかにかかっています。このように一つ一つのコーナーで頭を使いながら、体で覚える。すると知らないうちに普段の走りがとても楽になっているんですねー。
 
イベント報告画像 09) こちらは比較的バイク歴の浅い方や、小排気量車のクラス。大きなコースになるとマシン性能の差によりかなりの速度差が生じますが、サーキット秋ヶ瀬はミニバイクサーキットなのでマシンよりテクニックが重要!メインバイクはボンネビルのクドウ様、今回はなんとスーパーカブ90改で参戦!ビックバイクに追いつく姿は今回一番インパクトのあるシーンでしたよ。
イベント報告画像 10) 走り終えたらイントラの方にアドバイスをしてもらえます。我流になりがちな乗り方も第三者から適切なアドバイスを受けることにより、より効率よく上達することができます。疑問点は恥ずかしがらずに聞いてみましょう。やさしい先生方が丁寧に教えてくれます。
イベント報告画像 11) 参加者全員のタイムも計ります。レースではないので、どれだけ上達したかのバロメーターとして計測しているんですが、自分がどのくらいのタイムで走っているか皆さんとても気になる様子。「俺こんなにタイム上がったゼ!!」「あいつに負けた……」ホワイトボードの前はいつも大盛り上がり!
イベント報告画像 12) お待ちかね、お昼の時間です。気温もかなり高くなって体力も相当使っていますので、しっかり食べて午後の練習に備えます。ん?そこに座り込んでいるのはお巡りさんから素敵なプレゼントをもらって参加できなかったデイトナ675のミズタ○くんではないか!彼のように参加しなくても見学大歓迎!気になるけど参加するのは様子がわからないから…て人は一度見にきてくださいね。
イベント報告画像 13) 午後も張り切ってまいりましょう!こちらは駐車場を利用して、基礎的な技術を勉強します。サーキットとはガラっと内容が変わりますが、どちらも重要な内容がぎっしり詰まってますのでしっかり覚えましょう。サーキットと駐車場、両方練習すれば効果は二乗!
イベント報告画像 14) これは遅乗りスラローム。やったことのあるひとはいかに難しいかご存じのはず。なぜならスピードをだせば車体のバンク角で曲がり切れますが、遅乗りだとハンドルの切れ角で曲げるしかありません。スピードが遅い状態は車体のバランスをとるのも大変。でもこれをやった後は格段にUターンが上達すること間違いなし!
イベント報告画像 15) ブレーキの練習もゲーム性を取り入れて楽しくやってます。右、左、どっちによけるかイントラの先生が持ってる電光盤の矢印で反射的に判断しないといけません。これは街中で急に飛び出してきた障害に適切な対処ができるかの練習になります。
イベント報告画像 16) 駐車場最大のお題、ライスク名物超ロングパイロンスラローム大回転splの登場!パイロンコーナー数30を軽く超えるコースを華麗に駆け抜けろ!遅乗りの時より当然スピードがのってますので、ちゃんと車体バンクさせてラインを考えながら行かないと曲がりきれませんよ~。
イベント報告画像 17) こうして写真で見ると皆さんベテランのような走りですが、ほとんどの参加者がこういったスクールは初めての方なんです。レベルに合わせてクラス分けを行い、楽しみながら走っていればこの通り意のままにバイクを操れるように!初バイク納車後6日目なんて方も、帰る頃にはもう一人前のライダーの走りになってます。
イベント報告画像 18) お疲れ様でした。無事大きな事故もなく閉会式です。元気な参加者の方は帰りがけお店に遊びに来て、今日一日の出来事で会話が盛り上がっておりました。楽しみながら身につけた技術を是非日頃の安全運転に活かしてくださいね。それではまた次回のイベントで会いましょう!